花粉症の方も必見!美肌のためのお手入れ【クレンジング篇】

季節が変わり冬の乾燥肌から、春のトラブルが出やすい時期になりました。気温の変化と共に、春はお肌の皮脂分泌量が変化したり、汗をかきやすくなるため皮膚の雑菌が繁殖しやすくなったりします。

また、多くの方が花粉症でお悩みの事と思いますが、アレルギー反応によってお肌も敏感になってしますケースや、鼻のかみ過ぎやマスクが当たることで摩擦による皮膚刺激が原因の乾燥や吹き出物ができやすい時期でもあります。

そこで、お勧めしたいのが浸かっているクレンジングタイプの見直しです。まずは、肌質別にお勧めのクレンジングタイプからご紹介します!

美容PR:美歯口(びはく)30daysホワイトニングの口コミ評判は嘘?効果や成分を徹底解説!

【乾燥肌タイプの方】クレンジングによる乾燥が気になる方で、クリームタイプのクレンジングを使用中の方は、季節の変化による肌質に今も合っているかチェックしておきましょう。朝起きた時にTゾーン(額、髪の生え際、鼻)やUゾーン(あご、フェイスライン)にまだ、べたつきが感じられる様でしたら、クレンジングまたはスキンケアの使い方に問題ありです。

【乾燥+皮脂多めのコンビネーション肌タイプの方】乾燥肌の部分に合わせてクレンジング選びをしてしまうと、皮脂の洗浄が行き届かなくなってしまいます。乾燥と皮脂多めの肌の中間ぐらいのクレンジングがお勧めなので、乳液タイプのクレンジングか敏感肌向けのオイルクレンジングがお勧めです。

【皮脂多めの肌タイプの方】皮脂の分泌量が年間を通して、多いと感じている方にお勧めなクレンジングは、ずばりオイルクレンジングです。皮脂量をコントロールするためにはオイルタイプが一番適しています。

上記の様に、ご自身に合ったクレンジングを選ぶ事がまず一番美肌への近道になります。
最近は、忙しい女性のためのクレンジング+洗顔の役割をする1度の洗顔タイプのものや、お風呂の中で濡れた肌に使えるタイプのクレンジングも市販されていますが、筆者はこちらのタイプはお勧めしません。

なぜならば、オールインワンタイプは、肌の状態に合わせてクレンジングや洗顔の仕方を変えることが出来ないデメリットがあるからです。また、お風呂で使用できるタイプは濡れた肌に対応するための添加原料がプラスされているため、肌刺激が強い成分が使用されているからです。

また、長期に渡り使用していると、肌の角質がたまりやすくなる傾向が見られるので、望ましくありません。

これらの注意点に気をつけて頂いて、ご自身に会ったクレンジングで優しく肌をなでる様にマッサージをしながら、毎日のクレンジングを行って下さいね!

花粉症による肌ダメージが気になる方は、クレンジング後の洗顔時には泡を肌に乗せる様において上から泡を押さえる程度でこすらずに洗い流す様に、刺激を避けてお手入れすることで、早くダメージが回復できるはずですよ!花粉シーズンも後半になりますので、あともう一息頑張ってお手入れを続けていきましょうね。

美容PR:岩手県 痩身エステ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です