子犬にはどんなドッグフードがいいの?

子どもの食事は大人のものと多少なりとも異なるのと同様に、子犬の食事も成犬とは異なります。
健康的な子犬にするためのドッグフード選びはどんな点に注意すればいいのでしょうか。

栄養価が高いこと

最初の注意点は、栄養価が高いことです。
人間の子どもも成長期には骨や筋肉、消化機能、内臓機能、免疫機能などが成長していきますが、犬はそのスピードが人間とは比べ物にならないくらい早いです。
したがって、子犬のときにしっかりとバランスよく栄養が摂れていないと成犬になった時に体調不良や病気になりやすくなってしまいます。
成長期に特に必要なのが、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの5大栄養素で、これらがバランスよく、そして良質で新鮮な素材で作られているドッグフードが好ましいです。
高脂質のフードも良いとされることもありますが、脂肪の摂り過ぎは肥満や変形性関節症などのリスクもあるので大量の摂取はおすすめできません。

モグワン 半額をチェックしてみてください。

消化がいいこと

次に、消化の良い食材を使用している点です。
犬も小さい間はまだ消化器官がまだしっかり発達していないため、消化吸収が満足にできません。
したがって、胃腸への負担を軽減するために消化の良いドッグフードを与えることが大切です。
そもそも犬は穀物の消化は得意ではないので、特にグルテンを多く含む小麦やトウモロコシ、大豆などの穀物や植物性たんぱく質が中心といったフードは避けたほうがいいでしょう。
また、人間が食べても問題のない製品がおすすめです。

素材がはっきりして無添加であること

そして、素材がはっきりしていること、無添加であることも重要です。
「子犬用」や「幼犬用」などと謳ったフードもたくさん売られていますが、それらの中には素材が曖昧だったり人工添加物がたくさん使用されているものも少なくありません。
人がどんな素材から作られているのかわからないような食品や添加物が大量に使用されているものを食べたくないのと同様、そんな製品を犬にも与えるべきではありません。
素材がきちんと明記されているものを選ぶことが重要です。

カナガンドッグフードの口コミは本当?嘘?危険性を徹底調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です